2006年02月26日

簿記検定

「紫蘭の花嫁」(乃南アサ著)読み終わりました。
衝撃のラスト。最後の方は加速しながら一気に読んでしまいました。
読み終わって気づけば朝4時、なんて状態。
犯人の冷酷な心理描写がすごく印象的でした。
最終的に2つの事件が重なるのですが最後の鮮やかさに感動。
ミステリーって結構おもしろいのかもって思いました。

そしてそして、簿記検定行ってきました。
今回は日商簿記3級。まぁ手ごたえはありでした。
よい結果が出ていることを祈ります。

今日は朝から雨で、会場も駅から歩かなければいけなく、
たどり着くまでが大変でした。
試験会場は、某大学の階段教室だったのですが、私の受けた会場は、
7割程度の埋まり具合。
電車止まってんのかな、なんて思うくらい人少なっ!
受けないなら最初から申し込まなきゃいいのに、、、なんて思って
しまうのは私だけでしょうか。。

とはいえ、私もあの会場にたどり着けなかった可能性も
無きにしも非ずで、、、、
ここ数日の乱れた食生活というか飲生活のおかげでだいぶ胃腸が
弱っていたらしいところに、前日は朝食抜き、猛烈に腹が空いた
ところに遅めのランチで中華をがっつり食べ、夜は飲み。
とはいえ昼の中華のおかげでそんなにおなかは空いてないので、
ちょこちょこつまみながら焼酎を。
酒があんまり進まないあたりでちょっと危険を感じていたのですが、
飲んだ後、「カフェでコーヒーでも」なんてことになり、
ダラダラコーヒーを一杯。ここでさっさと帰ってたらよかったの
でしょう。。。
結局11時ころ帰宅して、寝る用意と明日の用意をし、珍しく読もうと
思ったエッセイをパラパラ。気づけば2時すぎ。
そろそろ寝なきゃとベットに入るのですが、そのあたりから
激しい胃痛と吐き気に襲われ、さらには悪寒にガタガタ震える始末。
吐き気は人間ポンプのごとく水を飲んでは吐きの繰り返し(←汚くてすみません)
である程度おさまったところに胃薬投入。
悪寒は寝巻きの上にニットのカーディガンを羽織り、部屋を暖めて
布団に包まる。
結局明け方までは眠ったかと思うとまた痛くて起きるの繰り返し
でしたが、どうにか治まったのか眠気が勝っただけか、
少し眠れました。

今もまだ微妙に胃が重たいのですが、何はともあれ試験にも行けたし、
途中で気持ち悪くとかならずに問題も解けたし、よかった。。。ホッ
体調管理、気をつけます。
ということで今日はノンアルコール。
中国茶をがぶ飲みしています。
posted by あすん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。